遊戯王とヴァンガードのことについて書いていこうと思います
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オラクルシンクタンク(ツクヨミ軸) 解説
2012年04月17日 (火) | 編集 |
はじめに
更新滞ってしまい申し訳ありません。仕事とカニバCSの調整に追われてなかなか更新できませんでした(泣)
宣伝覗くと1月も空いてますね(汗)なるべくネタがあれば更新していきます!
なるべく6段環境までに主要デッキの考察は終わるように努力します。。。


気を取り直してオラクルシンクタンクの考察をしていこうと思います。


ツクヨミ



オラクルの一番の強みはやはりツクヨミの存在にあります。
ライドできない場合でも5枚めくることでスペリオルライドできるという保険が効いたりするのは非常に優秀です。
しかもスペリオルライドを3回成功すれば手札のカードを消費していないので単純に3枚分アドバンテージ取れます。
そして満月の巫女ツクヨミの効果で2枚引いて1枚戻すという効果。これにより一回使えば手札が1枚増えるので4点食らっていれば最大5アド。この差はたとえかげろうやロイパラでは覆すのは至難の業です。

まあしかし、そんな都合よくスペリオルライドが成功するわけでもありません。
鷹から三日月、半月にスペリオルライドする確率は、なんと約1%しかありません

上記の話を見てからだと、「たった1%だったらスペリオルライドできないじゃん、ツクヨミ弱くない?」ってなっちゃうかもしれませんが勿論そんなことありません。

ツクヨミの真骨頂、それは
山札の上から5枚見て、好きな順番でデッキの一番下に戻す


これに尽きます。
5枚見て下に戻すという事、これはつまり、ある程度のトリガーを操作できるということです。
これがツクヨミの最大の強みです。もしトリガーを2枚めくれば、ダブルトリガーを作ることも可能です。

ヴァンガードというカードゲームはドライブチェックやダメージチェックでデッキをめくっていく特性上、G3にのっていれば毎ターン通常ドローに加えてツインドライブで3枚(+α)のデッキが消費されていきます。
初手で6枚引いて、ファーストヴァンガードを置いてゲームスタートを行うので、ファイト開始時のデッキ枚数が43枚。
順当に三日月→半月→満月とライドしていけば15枚のカードがデッキの一番下に行くことになります。
43枚から15枚引いた数、つまり28枚デッキを捲ることさえ出来ればツクヨミで下に送った15枚に届くというわけです。
クリティカルトリガーのサイキックバード、ダークキャットなどのドローを促進するカードで15枚に近づけるスピードが上がるのも強みです。
同じ効果を持つロイパラのガラハッドとの差はこの点が大きいですね。


さて、15枚に十分届くというのはご理解頂けたところで、少し具体的な話をしていこうと思います。
何個か例をあげていきます。完ガの置き方とかいろいろあるのですが最初はトリガーの時だけ重点的に見ていきます。

『例1』
鷹の効果で5枚めくった時に

☆☆112
とめくったとします。

この場合、☆2枚を一番上にして他を好きな順番で置いてください。
基本的にトリガーを2枚めくった場合、一番上にすると良いです。残りデッキ枚数15枚になるようにして、意図的にダブルトリガーをすることが可能になります。
ちなみに1番したや真ん中にトリガーを固めても単純にトリガーまでのデッキ枚数が多くなる分1ターンのラグが出たりカードを多く消費しないといけなくなるのでおすすめしません。



『例2』
鷹の効果で5枚めくった時に

1111☆

とめくったとします。


この場合、トリガーは1番上に置くのではなく、1番下に置いてください。
これはなぜかというと、もし鷹の効果の後三日月の効果でトリガーが出た場合これを1番上に置くことで、ダブルトリガーにすることができます。
鷹効果のトリガーを1番上に置いてトリガーを確定させても、相手はトリガーを最低1枚出るように計算してガードを切ってくるので、結局トリガーが出てもアドは減らせても倒すことにはつながりにくいです。
倒せないで次のターンに行くのであれば、あえて1ターンかけて確実に倒しに行くほうが結果的にカードの消費を抑えたりすることにもつながりますしね。


『例3』
鷹の効果で5枚めくった時に

☆☆治11

とめくったとします。

この場合は結構人によって意見分かれてくるので一概に言えませんが、私は
☆☆治11と置きます。理由としてはもしダブクリで倒せなかった場合、トリガーとした☆2枚でヴァンガードを守った後、あえてリアガードの攻撃を1回受けることが可能だからです。

人によっては☆治☆にする人とか☆治11☆にする人とかも。 ☆治11☆は先程の例2の応用ですね。三日月でトリガーめくった場合2個目のダブルトリガーゾーンを作ることが可能です。


『例4』
鷹、三日月、半月すべてめくった時に

111112222211111(トリガーがない場合)

この場合、デッキを掘ることは考えず、ガンガン攻めていくことをおすすめします。
この15枚に全く無い場合、ツインドライブでトリガーがめくれる確率はなんと80%もあります。ダブルトリガーも約30%となかなかバカに出来ない数字。ツインドライブでトリガーが出た場合貫通狙いにいくのもいいかもしれません。
ちなみに私はトリガーがでても2,3枚くらいまでは同様にガン攻め狙っていきます。



置き方に関してはこんなところでしょうか。
またややこしい並びとか質問あればTwitterやコメント欄で聞いて頂ければわかる範囲でお答えします。






メリットばかり書いてきましたが、やはりデメリットもあります。
それはツクヨミに順当ライドしないとそのスペックが発揮できないということ。
半月まで2ターン目に順当に乗れる確率はおよそ60%です。
高いようにも見えますが、4割もの確率で失敗するのはなかなかきついものがあります。
5回戦の大会があれば1回はツクヨミに乗れないのは覚悟したほうがいいかもしれません。

もしくはツクヨミに乗れなかった場合、ほかのユニットにあえて乗らず、次のターンもう1度ツクヨミ効果を行うほうがいいです。
もし一回でもスペリオルライドできていればツインドライブできなかった分のアドバンテージは取り返せますし、いつもデッキの下に送っていた枚数が15枚送っていたのが20枚に増えるのでツインドライブするスピードが結果的に早くなります。



ツクヨミデッキはこのスペックゆえ事故率も少しありますが、それに見合う爆発力を持っているのですご強いとおもいます。
是非1度作ってみるのをおすすめします!ちょっと高いけどね!!!










スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
覚えていますか?
まず、遅くなりましたがカニバCSお疲れ様でした
オラクルの解説とても参考になりました!
満月は効果を使えば勝ち確と言っても過言では無いと思っています

今6弾環境で僕の周りではゴルパラが多く、先行でスペリオルが決まっちゃうとかげろうで勝つのが難しいんですよね
なのでその差を縮めるにはオラクルの満月効果を使うしか無いと思って今オラクルを使っているのですが勝率がイマイチです(満月までうまく乗れれば勝てるのですが)

僕の構築は最近結果を残してるアマテ2、レッドアイをいれた構築なのですが、レッドアイが強いと感じなくトムにしようかとしているのがどうでしょうか?
構築が決まりません
なのでいつでも構わないのでレシピを載せてはくれませんか?
前回のかげろうのレシピはとても参考になり、優勝もしました
なので今回も参考にしたいです
あと、ツクヨミで下に固めたトリガーをどうやって覚えるかもできれば教えて下さい

長文&駄文失礼しました
2012/05/27(Sun) 02:34 | URL  | レオ #SFo5/nok[ 編集]
ゴルパラのスペリオルはほんとに凶悪ですよね。先行で決められたら正直どのデッキでもほぼ勝てないと思います。

構築はレシピ上げますね。

トリガーの覚え方は自分の覚えやすいようにしていただけたらいいと思います。何かに関連付けて覚えるとか、即興で当てはめて覚えるとか。
僕はカード名で覚えず絵柄で覚えたりしてますがこれは結構特殊かもしれないです。

2012/05/30(Wed) 11:40 | URL  | ねこ #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。