遊戯王とヴァンガードのことについて書いていこうと思います
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1つのプレイングから得られる情報量
2012年03月16日 (金) | 編集 |
ヴァンガードというカードゲームは、『ドライブチェック』という公開情報があります。
この公開情報から、相手の動きを読んでファイトするのがこのゲームのミソですよね。
そのドライブチェックを覚えることで、中盤相手のハンドが何が残っているかというのがある程度わかってくると思います。
その情報から、こちらの戦術も大きく変わってきます。

例えば,相手の手札が3枚

後ろ  ゴジョー バー バー
前   (空)  オバロ バーサーク


このような場で攻撃宣言を行ってきたとします。
この時点で、『相手はアタッカーが不足している』ということがわかりますね。
なぜなら、もし手札にアタッカーを持っている場合、後ろにゴジョーが居るんですからブーストすれば最低5kのガードを切らすまたはリアガードを攻撃することが可能だからです。

ここで、相手のドライブチェックで、ゴジョー、バーとめくれたとします。
こうなってしまえばコチラはリアガードに狙いを定めると相手はガードせざるを得ない状況へ追い込まれてしまう
わけです。もし相手がスルーしてリアガードをスルーすれば相手はアタッカー引かない限りヴァンガード単体しか殴れなくなるハメに。こちらとしてはどちらもおいしいですね。




他にもいくつか例を出してみましょう。

◆マリガンで手札を4枚戻した
この時点で相手の手札が弱いまたはライド事故が起こる可能性がでます。手札が強ければマリガンの必要がありませんからね。


◆後ろにトリガーを置いてブーストしてきた。
後列不足です。かげろうやダークイレギュラーズなど後ろに干渉できるデッキは優先的に後列を除去することで終盤かなり有利な状況に持ち込めます。


◆(ゲームの序盤)リアンの効果でリアンを切った。
これは以前大会中に起こったことなので書いておきます。相手は騎士王デッキで後攻1ターン目リアに出したリアンで相手はリアン効果でリアンを切ってきました。
リアンでリアンを切ったことから、G1がハンドに3枚初手にきていた=ハンドにG1が溢れているということがわかります。
つまり、G1を切るということは、相手はG1が溢れている状態=G2もしくはG3が少ないもしくは無い状態というのがわかってきます。
G2、G3が少ないという事はつまり、アタッカーが少ないという事です。
後実はもうひとつ重要なことがわかるんです。
それは、相手はトリガーを引いていないということ

それはなぜか?
もしあなたが同じような立場にあったとき、手札に 

エポナ、リアン、リアン、マロン、騎士王と持っていたとします。

あなたは後攻でG2を引いていないので、Vにアタッカーとしてマロンにライド、リアガードにリアンを出し、スキルを使うはずです。
このリアンスキルであなたは何を切りますか?
ハンドで浮いてるエポナですよね?なぜなら2枚目のリアンはもしG2がこなかった場合に保険として手札に持っておきたいからです。

この事から、相手はトリガーを持っていないということになります。
G3があふれていたら切るかもしれませんが、トリガーの方が優先順位的に先にトリガーですしね。3枚とか弾いてたらまた別かもしれませんが。。。まあどっちにしろ事故札にあることは変わりないです。

しかし、ここで注意すべき点は、相手はトリガーを引いてない=上から降ってくる確率が極めて高いということですね。トリガーが1枚もめくれていないときにツインドライブしてトリガーをめくる確率はなんと6割以上もあります。ここは堅実にガードしていくのが吉でしょう。






このように、一見なんでもないような行動でもいろいろな情報を読み取ることができます。
情報をどう活かすかで、プレイングの質も上がってくると思いますのでひとつひとつ小さな情報も見逃さないように心がけていきたいですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。