遊戯王とヴァンガードのことについて書いていこうと思います
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カーニバルCS ベスト8
2012年05月04日 (金) | 編集 |
使用者 『奉行』

■グレード 0
1 x リザードソルジャー コンロー
4 x ブルーレイ・ドラコキッド
4 x ガトリングクロー・ドラゴン
4 x ドラゴンモンク ゲンジョウ
4 x 槍の化身 ター
■グレード 1
4 x ドラゴンモンク ゴジョー
3 x 魔竜導師 キンナラ
3 x ワイバーンガード バリィ
3 x 鎧の化身 バー
2 x 希望の火 エルモ
■グレード 2
4 x バーニングホーン・ドラゴン
4 x ドラゴンナイト ネハーレン
2 x バーサーク・ドラゴン
■グレード 3
4 x ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド
4 x ドラゴニック・オーバーロード
スポンサーサイト
カーニバルCS ベスト8
2012年05月04日 (金) | 編集 |
使用者『杉田』

■グレード 0
1 x リザードソルジャー コンロー
4 x ドラゴンモンク ゲンジョウ
4 x ドラゴンダンサー モニカ
3 x ガトリングクロー・ドラゴン
3 x リザードランナー ナフド
2 x フレイムシード・サラマンダー
■グレード 1
4 x 希望の火 エルモ
4 x ドラゴンモンク ゴジョー
3 x ワイバーンガード バリィ
2 x 約束の火 エルモ
■グレード 2
4 x バーニングホーン・ドラゴン
4 x ドラゴンナイト ネハーレン
2 x ベリコウスティドラゴン
2 x バーサーク・ドラゴン
■グレード 3
4 x ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド
4 x ドラゴニック・オーバーロード
カーニバルCS ベスト8
2012年05月04日 (金) | 編集 |
使用者 『B-soil』

■グレード 0
1 x リザードソルジャー コンロー
4 x ドラゴンモンク ゲンジョウ
3 x ブルーレイ・ドラコキッド
3 x ガトリングクロー・ドラゴン
2 x イエロージェム・カーバンクル
2 x フレイムシード・サラマンダー
2 x 槍の化身 ター
■グレード 1
3 x 魔竜導師 キンナラ
3 x 鎧の化身 バー
2 x ドラゴンダンサー ライライ
2 x リザードソルジャー リキ
2 x ワイバーンガード バリィ
2 x 希望の火 エルモ
■グレード 2
4 x ドラゴンナイト ネハーレン
3 x ブライトジェット・ドラゴン
2 x ベリコウスティドラゴン
2 x バーサーク・ドラゴン
■グレード 3
3 x プラズマバイト・ドラゴン
3 x ドラゴニック・オーバーロード
2 x サンダーブレイク・ドラゴン
カーニバルCS ベスト8
2012年05月04日 (金) | 編集 |
使用者『てて』

■グレード 0
1 x フルバウ
4 x デスフェザー・イーグル
4 x アビス・フリーザー
4 x アビス・ヒーラー
4 x グリム・リーパー
■グレード 1
4 x 黒の賢者 カロン
4 x ブラスター・ジャべリン
3 x 暗黒の盾 マクリール
1 x ナイトメア・ペインター
1 x グルルバウ
■グレード 2
4 x 虚空の騎士 マスカレード
3 x 漆黒の乙女 マーハ
3 x 髑髏の魔女 ネヴァン
2 x ブラスター・ダーク
■グレード 3
4 x ファントム・ブラスター・オーバーロード
4 x ファントム・ブラスター・ドラゴン
かげろう デッキレシピ&解説
2012年03月13日 (火) | 編集 |

■グレード 0
1 x リザードソルジャー コンロー
4 x ブルーレイ・ドラコキッド
4 x ガトリングクロー・ドラゴン
4 x ドラゴンモンク ゲンジョウ
4 x 槍の化身 ター
■グレード 1
4 x ワイバーンガード バリィ
4 x ドラゴンモンク ゴジョー
4 x 鎧の化身 バー
3 x 魔竜導師 キンナラ
■グレード 2
4 x バーニングホーン・ドラゴン
4 x ドラゴンナイト ネハーレン
2 x バーサーク・ドラゴン
■グレード 3
4 x ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド
4 x ドラゴニック・オーバーロード


構築に関して
・クリ8ドロー4
クリ6ドロ6にしようか迷ってたんですが、クリティカルで絶対相手ガードしなくてはならないって場を作ってアド取りにいったほうがドロートリガーよりもアド取れそうだったのでクリ8にしました。
返しのターンクリは10000ガードなので、13になってたときにバロミデス無効化できたり、ドロートリガーの5000ガードよりも強い場面が多々。
覚醒は試しましたがやっぱりクリティカルの方が単純に強かったです。あと覚醒入ってると殴り方も変わっちゃうので、相手は覚醒込のガードを想定して切ってくるので、微妙でした。


・ドラゴンナイト ネハーレン
マジェスティメタです。こっちが先行の場合、ネハーレンライドしてターンを返すと、相手はG2で出てくるユニットはブラスターダークとブラスターブレードしかいません。うぃんがるぶれいぶでブーストしたとしてもブラスター込で14ラインしたでません。そこに10000ガード投げたら絶対ぶれいぶ使えなくなるので返しのターンガトクロなりで焼くことができます。これにより相手のマジェ完成まで1テンポ遅れますので、こっちはオバロ→ジ・エンドに乗る余裕も出てきます。
あと稀に起こるのが、ミラーで相手が11ジ・エンドの場合、リアのネハーレンに殴っても要求するガード値は変わらないので、ガード値5000分得します。
騎士王使われると、何処殴っても要求値変わらなくて困ったことがあって、騎士王ってここが強いなぁと思ったり・・・
まああまりバーニングホーンを出さない場面なんてないのでそこまで頻繁には起こりませんが覚えといて損はないと思います。


ちなみにトリオの時はネハーレンの枠をベリコ3、バーサク1にしました。
トリオファイトのルールで混合クラン使えないため、マジェスティが使えません。
なのでうぃんがるぶれいぶスタートでブレイブとブラスターで殴られても、持ってくるのは2枚目のブラブレ。
だったらネハーレン入れてわざわざ止めにかからず、ベリコでCB回復サせてキンナラ、バーサークを使いやすくしたほうが騎士王に対してはまだ楽に立ち回るだろうと思いこう構築してみました。
これのお陰でキンナラ連打したり、バーサークつかっててもCB気にならなくなりました。よくオバロスキルもつかいます。一回トリガーでたらオバロだけで4アドとか取れたりします。





プレイングに関して
・マリガン
このデッキは各グレードのユニットの配列が、
G0 16枚(FV除く)
G2 10枚
G3  8枚
と一般的に出まわってるユニットの配分と変わりません。基本的には普通のデッキと同じように足りないグレードを補うように戻せばいいと思います。

ただ、マリガンのやり方はハンドによって大きく変わってきます。
何個か例を上げます。

例1
ガトクロ  バーニングホーン オバロ ジ・エンド ジ・エンド

ハンドにトリガーとG2、オバロ3枚と持っている場合です。
とりあえずトリガーであるガトクロは戻すのは確定として、問題がこのG3の3枚です。
これは人によって意見が大きく変わってきますし、先行後攻でも変わってきます。
私の場合、先行だったら
ガトクロ、オバロジ・エンドと戻します。
残るハンドはバニホ、ジ・エンド
まず、G1に乗れない時点でゲームが始まらないのでG1を引きにオバロセットを残さずあえてジ・エンドのみ残します。なぜオバロではないのかというのについては後述で。

こちらが先行の場合、相手がスペリルライドしない限りコチラの方が先にG3に乗ることが可能です。
つまり相手はまだG2なわけです。G2の多くはパワー9000なので、相手がパワー1万にライドしていない限り、こちらはジ・エンド+バー(もしくはコンロー)でパワー19000ラインを作る事ができ、相手に最低1万5000のガード札または完全ガードを切らせることが可能です。
これは先行3ターン目なので、相手のハンドはドロートリガー無しで6枚。そこから2枚切らせるわけですから、つぎのドロー含めてもハンドは5枚です。相手は次のターンの返しまで考えると、まずリアを3列展開なんてまずできないです。ここでまた差がでてきて、コチラはユニット1列分の攻撃のガードを考えなくていいので負担も減ります。
ちなみに、もし相手が3ターン目ジ・エンドの攻撃をノーガードしてきた場合ですが、
こちらがもしこの3ターンの間にジ・エンドひいてた場合、2回ドライブチェックを行うため、結局ハンドは8枚になります。しかも、ダメージも食らって、更にドライブチェックでトリガーの出る確率も2倍。クリティカルめくる確率も2倍。ノーガードしてきた時のほうが被害は大きいです。そのことを考えると、相手は迂闊にノーガードしてはまずこないと思います。

先行の場合、こちらはマリガンでハンドにジ・エンドとバーニングホーンの2枚残してデッキに3枚戻して3枚引きます。3ターン目までデッキをめくる枚数はツインドライブ含め7枚。先ほどのマリガンのカード含めると計10枚(+ドロートリガー)デッキをめくってるわけですから、47枚分の3をめくる確率は結構馬鹿になりません。



※なぜオバロを戻すのか?なぜオバロに乗らないのか?
マリガンでオバロを残したとします。
前述のとおりジ・エンドにのった場合、これだけのアドバンテージを3ターン目にして獲得することができます。
しかし、オーバーロードの場合、3ターン目だと相手はダメージをほとんど受けてないので、高確率で相手はノーガードしてきます。するとどうでしょう、全く序盤でアドを取れません。
勿論ジ・エンドが13000のパワーを獲得すれば、相手のパワー11000以下のヴァンガードに対しては総じて1万5000要求できて強いんですが、コチラの攻撃がワンテンポ遅れることは結構痛手で、ハンドにジ・エンド持ってない場合オバロで戦っていかなくてはなりません。しかも、ジ・エンド引けなかった場合、相手側から見て、オバロのまま=ジ・エンドがハンドに無いのが確定する=2枚持ってないということになりますので、相手はノーガードの選択肢も視野にはいってきます。

マリガンの時点でオバロ、バニホ、ジ・エンドと残した場合、ライド事故の確率が上がるのは勿論、もしハンドにG3が3枚目きた場合、一気に事故札に変わります。手札にはアタッカーしか残してないので後ろも不足するので、ドライブチェックで後ろめくってないの見られたら相手は大体キンナラ、バーサークで後ろを焼いてきます。後ろいない分ガード要求値も低く大分しんどくなります。このことから、マリガンでオバロ、ジ・エンドと残すのは大変リスクのある事である、ということがわかります。

つまりなにが言いたいかといいますと、

オバロ→ジ・エンドは無理に乗る必要はない

これに尽きます。初手でオバロ、1122とか、オバロしかG3持ってない場合の時とかに乗るって感じで無理に乗ることは考えないでいいと思います。


例2
 治 ゴジョー バー キンナラ オバロ

G1が3枚でG2弾いてない場合です。
とりあえず治は確定していますが、問題はこのG13種類ですね。
私の場合はゴジョー、バー、オバロ残してマリガンします。
ここで重要なのはとりあえずゴジョーは絶対持っとくこと。もし2引かなかった時の保険をかけておきたいです。
最初のドローでG2がない場合、最初に乗るのはバーの方がいいです。もしゴジョー効果でも引かなかった場合、次のターンもG1で過ごすことになります。その場合、ゴジョーがVの時、ゴジョー効果の1枚分めくれる枚数が減ります。
事故ってる時はちょっとでもG2を引く確率を増やすことを考えましょう

後別パターンとしてゴジョー残して4枚戻しという選択肢もあると思いますが、こうするとまず、トリガーの引く確率が単純に1枚分多くなります。勿論G2引く確率も増えますが、ここでバーのこしておくことで、事故した場合上記のような場を作れるので、ライド事故シた場合のケアなどもできます。
これはゴジョー系の効果持ってるユニット入ってるデッキなら総じて起こり得ることなので覚えておいたほうがいいかもしれません。



例3 
治 バニホ バー キンナラ バリィ
G3弾いてない場合です。今回はゴジョーを引いていません。
この場合だとバニホ、バー残しの3枚替えが安定すると思います。これでゴジョーをひいたら先程ような場も作れますし、2ターン猶予があるのでライド事故は高確率で避けれると思います。
 






こんな感じでしょうか。他にもいろいろ細かいところはあると思いますが、そこらへんはまた追々書いていこうと思います。
プレイングに関してはあくまで私感なので自分のプレイスタイルに合うようにプレイをすればいいと思います。
長文を呼んで頂きありがとうございました!

書くのに3時間かかりました!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。